スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
生きたり死んだり忙しい
2008-09-19 Fri 23:16
死んだらどうなるかを考えると怖くなって眠れなくなる件

この手の話はいつ考えても怖いよねぇ

最初に考えたのは確か9歳かそこいら

紅葉見に行ってて

椛拾ってた時にふと

考えたのが最初だったと思う

怖くて怖くて二日くらい考えて

結局怖すぎて放置決定したっけか

6歳くらいで考えたって人は

死んでから考える事にしたんだってさ

まぁでも

怖いって思えるんだから結構色々未来に期待してるんだなと


追記はポエム







人生は一度しかない

最初に聞いたのはいつだったかな

幼稚園だったかな

事在る毎に聞く言葉

だけど年々、重くなっていく

もっと早くから重く出来てればなぁ

損も多いけど得も多い

そう思えるようになった今からでも遅くはないと信じたい

空回りせずに、必死に生きる

そうすれば何かは伝わる

原型を留めないほど変わってもね

ソレを繰り返して行く

「私」がドコにも残らなくても

伝えた事は残る、原型すら留めないとしても。

そうやって、直系の先祖だけで1億を超える「私」を継いで来てる

すれ違った「私」から受けた影響も含めればどこまで行くかね

沢山の「私」埋もれて、無いのとほぼ変わらない状況だとしても

ふとした切欠でどこかの「私」が触れる可能性もある

なんだ生きてる時と余り変わりないな

触れてもらう可能性を広げる為に

ただ必死に頑張るだけか

生も死も平等だって話と思えばいいのか

どこまで行けるのか

どこまで行くのか

穴埋めに過ぎないのか

誰でも埋めれる穴なのか

だけどその穴を埋めたのは

紛れも無い「私」だと思えばいいのか

答えなぞ無いものか

だけど考えていたい

答えが出たとして

同じままで生きられるだろうか

変わるものだろうか

変わる答えはいいものだろうかわるいものだろうか

それも自分で答えを出すしかないというのか

答えが変わらずとも

過程が変わる事もあるだろう

それも、同じく


まだまだ知らない事ばかりだ

考えて行きたい事が多い

納得できない事塗れで

それでも少しずつ「私」を変えて行く




君を忘れたこの世界を

愛せた時は会いに行くよ

間違った旅路の果てに

正しさを祈りながら

再会を祈りながら
別窓 | 考えていたいこと | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<私はいいのかよと突っ込みたい | 楓に繋る椛に映える夜合 | 六連刺殺>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 楓に繋る椛に映える夜合 |

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。