スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
族か仲間か
2008-09-09 Tue 00:01
序章 ―激動―

侵入

予感的中

急襲

蕩うものと貫くもの

撤退

友情と金と

時間と人と

探り合い

信疑

流れ

>・主人公マンセーは読者の反感を買いやすい。

>・主人公の良さは「台詞による説明」ではなく、日常生活の中で「描写」すること。

>・男キャラは顔さえ良ければいいというものではない。老人や子供にも個性を。

>・世界観は、既存の設定をそのまま持ってくるか、完全創作かどちらかに。

中途半端はギャグになる恐れあり

>・「エセ○○」「○○風」「なんちゃって○○」は一見楽なようでいて、

かなり技術がいる。素人にはおすすめできない

>・テーマは一貫させる。その時その時で気に入っているものを

無理に作品内にねじ込まない

>・自分の頭にある事と、読者が判っている事とを混同しない

>・異世界に現代日本の価値観を持ち込まない

>・ベタベタしない、甘くない


なんかもう毎日がジェバンニが一晩で(ry 状態ですね・・・

まぁもうじき終わります、一章

三日に1回くらいの更新だと思ってもらえると助かります









「んじゃ何か?お前ら『死ぬ』か『死ね』かで『死ぬ』を選んだのかよ、

ついでだからもっと派手に喧嘩売ればよかったのにな」

笑い転げるカリンを憮然としながら黙殺する

フリクセル公が戻った後、ニールがカリンとフィアナを呼び、

新たに決定した―――

俺は単独の見張り台攻略

ニールは正規部隊の先陣を切る

という事項を話した途端これだ

「でもどうするの?私もアルツも満足に戦えるような状態じゃないわよ?

貴方は立つのも怪しいでしょう、ニール」

フィアナの当然の疑問にニールがゆっくり答える

「ん・・・まぁアルツにはカリンを付けるよ、ここまで温存しといたしね。

僕らの方はほら、もう一班の人たち、覚えてるかな?」

「・・・ストレリチアさんと・・・リラさん・・・だったかしら?」

「そうそう、体裁繕う為に洞窟入りしてる事になってるんだけどね、

実際には山中でキャンプして貰ってる。

今から作戦の連絡が行くから、直前には戻って来るかな。

・・・これでも仲間の安全くらいは考えて行動してるんですよ?」

「ウッカリ干物にされかけたけどな」

「あれはほら・・・事故ですよ事故」


昼過ぎに来た間者からの書信

巡回や見張りに特に虚偽は無し

特に現時点で軍の目だった動き無し

作戦の決行時間、情報を流す時間と内容の確認

奇蹟使いをサラセニアが屠った、勢い付いて明日にも攻めて来るかも

そういう情報を真夜中過ぎに流して、

本部にトップ連中が集まって一網打尽に出来るように仕向ける

現場にもそれなりの混乱が走るだろう

警備が強化され、見張り兵も夜通し動くだろうから

奇襲直前に現地民と一緒に見張り台傍で騒動を起こしてもらう

手順に抜かりないか確認して返信


武器の投剣を20本ほど補充

洞窟内と違い、解毒や保存を考えずに済むので

痺れ毒に浸しつつ、万一の為に解毒薬を持つ


撹乱部隊出発の少し前、無断でニールの元に顔を出してみた

熱と疲労と怪我で鎧も満足に着れない男がそこにいた

「騎馬して指揮を執るらしいが、振り落とされて死にかねんな。

いや、そもそも乗れるのか?」

「大丈夫・・・ちゃんとやるよ・・・」

まぁ弱みは見せれないか

「ここまで盛り上げたんだ、頼むからツマラン死に方だけはしてくれるな。

もう一息なんだろう?」

「・・・今まで色んな目に遭ったけど、不思議と死んだ事はまだないから大丈夫」


やや遅れてカリンと合流する

「どこ行ってたんだよ?」

「・・・ちょっとな」

「・・・いいけどよ、作戦中に逸れて死んだりすんなよ、蹴り殺すぞ」

「・・・気をつける・・・」

「そうそう、大人しくしてな。アンタはタマにブン殴りたくなるくらいムカつくけど、

中々面白いからな、後ろにいる間位は死なせねぇからよ」


見張り台から少し離れた木陰に身を潜める

見張り台の上に1人、燈が一つ

門の前に二人、篝火が左右に二つずつ

「火事だーーーーーッ!!!」

叫び声に反応して見張りが視線を切った瞬間に

台に向けて投剣を打つ、胴体を狙ったつもりだが

逸れて左足に、まぁ毒がすぐに回るだろう

同時に魔力を集中させて突風で篝火を消す

暗闇で固まる二人にも同じく投剣を打つ

門の傍の壁の前でカリンの跳躍を両手で補助し

カリンに引っ張り上げてもらう

「どこだ?」

「煙もあがってないぞ?」

駆け出してくる兵士の群れにカリンが飛び込む

カリンの居ない方向の篝火を、同じく突風で消し

投剣で1人ずつ狙い打つ

四人打った所で矢に狙われる

高台から地面に転がりつつ反撃

怯ませる目的なので当然躱されたが、

直後に現地民に後ろから襲われて昏倒していた


水を撒きながらカリンに迫る男の剣使い

三つ目の瓶を投げ捨てた瞬間、カリンが間合いを詰める

と、同時に男が霧のようなものを撒き散らす

「うをッと!」

両手で顔を防ぐカリン

剣使いが左手を霧に当てた瞬間火花が走る

一瞬早く自分の周りの霧を炎で包んでいたカリンだが

猛烈な放電の前に体勢を崩す

隙を逃さず、男は右手の剣を突き出した


左手を地面と垂直に構え、横からの突きを手甲で受ける

同時に体を後ろに捻って捌きつつ

反動を利用して右足で相手の左膝を折る

そのまま相手のつま先に自分のつま先をねじ込みながら

体を大きく反転させつつの左後ろ回し蹴りが首に入っていた





別窓 | 創作小説 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<悲しみと痛みと苦しみと憎しみ | 楓に繋る椛に映える夜合 | 流れ>>
コメント返信
水色の雨さん

なんというか、くぱぁと並んでアレな擬音ですねと

どうせ二次元の話なんだから7千万とかデカイこと言えばいいのにと

思わずにはいられない位清々しい道程スメルが


さいささん

ちゃんと足固定して蹴ってるので

お亡くなり確実

漸く始めておいてなんですが、

アッサリ決着付きます、いやそうなるように書いて来たんですが

盛り上がりに欠けるかなぁと思いつつの更新してました

ちょっとでも楽しんでもらえたら幸い
2008-09-12 Fri 14:06 | URL | 夜合 #X5XodAgg[ 内容変更] | top↑
とうとう始まったΣ(゚o゚ )

回し蹴りが首にににに


ちんだな(>_<。)
2008-09-12 Fri 12:26 | URL | さいさ #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 楓に繋る椛に映える夜合 |

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。